« Area Story -01- I Ribelli | Main | Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello »

January 12, 2005

Area Story - 04 - Arbeit macht frei前夜

areaconcerto(DemetrioのRibelli脱退後と、Crampsの創設者であるGianni Sassiの話を書きたいのですが、まだ資料が集まっていないので、とりあえずその4まで話が飛びます。これはそのうち...)

AreaのDrumとなるGiulio Capizzoは1969年にthe Egyptian Conservatory of the CairoでpercussionistであるAli Mohammedに師事していた。これはAreaの中東的なrhythm arrangeに少なからず影響を与えているのかもしれない。1971年、Demetrio StratosはGiulio Capizzoと出会い、これにLucio Dallaのバックを務めていた、Bassの後にPFMに加入するPatrick Djivas、PianoのLeandro Caetanoの2人が加わり、4 piece bandを結成。イタリア各地のDance Clubをドサ回りする。この頃はJazzに近い音楽を演っていたらしい。このbandにSaxのEdouard Busnelloが加わった。さらにGuiterのJohnny Lambrizziが加わり、Rock的な要素を増す。この後、主にPianoのみを演奏していたLeandro Caetanに代わり、Giulio Capizzoの幼馴染である軍隊帰りのKeyboard奏者Patrizio Fariceliが加わる。彼はArp Odysseyを初めとしたSynthesizerも弾き、軍のブラスバンドでSaxを吹いた経験があり、AreaでもKeyboardと共にbass-clarinetを演奏している。

califfi1972年に彼らはPFM、BancoなどのManagerをしていたFranco Mamoneに目をつけられ、彼のアドバイスでGuitaristをCaliffi, Noi TreでGuitarを弾き、当時Londonに住んでいたElectric Junky、Paolo Tofaniを呼び寄せ、首をすげ替えることにする。ここに1st, Arbeit macht freiを録音する6人が揃う事になる。

|

« Area Story -01- I Ribelli | Main | Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75015/2552531

Listed below are links to weblogs that reference Area Story - 04 - Arbeit macht frei前夜:

« Area Story -01- I Ribelli | Main | Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello »