« Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello | Main | AREA, variazioni per pianoforte »

January 20, 2005

Caution Radiation Area

caution_radiation_area多分Event 76'に次いで、余り話題にならないAlbumかも知れない彼らの2nd album、Caution Radiation Area。かくいう私もLP時代はこのalbumを持っていなくて、10年位前にCDが出た時に初めて聴いた。余り話題に上らない理由は多分、Areaのalbumの中でももっともJazz、それも60年代末から70年代初頭のfree jazzやMiles Davis、Gil Evansなどの電化main stream jazzの影響が強いalbumであるからの様に思える。完成したTapeを聴いて、当時彼らやPFM、BancoなどのManagerをしていたFranco Mamoneが激怒し、Managerを降りてしまったというepisodeもうなずける程、ここではpop的、叙情的なものは一切排除されている。1曲目Cometa rossaを除けば、どの曲もまるで70年頃のMiles Davisを思わせる半分free form、半分Jazz Rock的な演奏であり、最後の曲LobotomiaはPaolo TofaniがカセットでEMS synthsizerを使い録音したアバンギャルドなsoudscapeである(この曲はheadphoneでは聴きたくない...)。Patrizio Fariselliはinterviewで、”SaxのEddy Busnelloが抜けた分、Jazz的な要素が少なくなり、現代音楽的な要素が強くなったAlbumだ。”と述べているが、ここでいうJazz的なものとは、Area加入当時既にJazzのback musicianとしてベテランになっていたEddyがbackgroudとして持っていったhard-bup的な物を指しているのではないかと思う。そして、Patrick Djivasの代わりに加入したAres Tavolazziは元々Jazz Musicianであったが、彼の演奏のbackgroudは新主流派的なものであったのだろう。彼はこのalbumではacoustic bassを使うことが多く、そのmodalなbass riffも当時の新主流派的な雰囲気に輪をかけているように思える。いわゆるArea的なBalkan phraseは余り聴かれないものの、硬派のJazz Rock作品としては私にとって1,2を争う好盤である。

|

« Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello | Main | AREA, variazioni per pianoforte »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75015/2639632

Listed below are links to weblogs that reference Caution Radiation Area:

« Vittorio Edoardo "Eddy" Busnello | Main | AREA, variazioni per pianoforte »