« AREA, variazioni per pianoforte | Main | Area "Ⅱ" live in Japan »

January 23, 2005

M001 Luglio, agosto, settembre (nero) [補足あり]

さて、Areaと言えばやはり1stの1曲目Luglio, agosto, settembre (nero)のあの8+7+8+6のBalkan phraseが最初に頭に浮かぶ方も多いかと思う。私も初めてあの曲を聴いたときの背筋に震えが走る感じはいまだに覚えている。
New_DE_Band_Goes_Underground 本家でも書いたが、Area本でFariselliがLuglio, agosto, settembre (nero)のネタになった曲として当時変態変拍子Big BandをやっていたDon EllisがBlugariaの民謡の楽譜を、当時BulgariaにいたPianist、Milcho Levievに送ってもらい、それを集めてarrangeしたBulgarian Bulge(public domain/arranged by Don Ellis)をあげている。Area本によるとFaricelliが友人の家でこの曲を聴き、この曲の中のFrank ZappaそっくりのTrombone奏者のsoloを聴いて、inspirationが沸き、一気にあのフレーズを書き上げたといっている。Original RecordingはUndergroundに収録されているが、残念ながらこれは現在廃盤の様である。しかし、彼らのLive、Tears of Joyでその演奏が聴ける。このVersionではAmericaへ渡ったMilcho Levievのアクの強い13拍子のsoloが聴ける。この曲はどうも、BulgariaのHoroとよばれるダンス音楽の中でも、変拍子が中心のRatchenitzaという民謡が元になっているらしい。
bulgariaで、Bulgaria民謡のCDを漁っていたら、1955年にブルガリアの民謡をPhillip Koutevという指揮者が集めた"Music of Bulgaria"というCDを見つけた。この中で、Jivka Klinkovaという女性の作曲家がBulgariaのanonymousな民俗音楽を集め、arrangeしたBulgarska Suita(1950)という曲を聴いてびっくりした。"黒"のphreaseの宝庫なのである。彼ら自身がこの曲を聴いて影響を受けたのか、各々の民謡のphreaseから影響を受けたのかは定かではないが、1970年代初頭という時代にBalkan MusicをJazz Rockに持ち込むというこのuniqueな発想はどこからきたのであろうか。

[補足]
オラシオ主催万国音楽博覧会を主催されているオラシオさんからの情報によればDon Ellisの所でsoloをとったtrombone奏者はGlenn Ferrisと言う人だそうで、ZappaのGrand Wazooにも参加しているとのことである。
情報をいただいたオラシオさんに感謝いたします。

|

« AREA, variazioni per pianoforte | Main | Area "Ⅱ" live in Japan »

Comments

すいません。
こっちで『ゴーズ・アンダーグラウンド』紹介してらっしゃいましたね。
補足情報などと偉そうなことを言ってしまって。
失礼しました。

Posted by: オラシオ | February 02, 2005 07:58 PM

>オラシオさん
いえ、私はtrombone奏者が誰だか知りませんでしたし、ましてはGrand Wazooに参加しているのも知りませんでした。
ありがとうございます。補足を入れさせていただきます。
こっちのblog、始めては見たものの、結構情報を集めるのが大変で難儀しています。
また、ご協力をお願いしますね。

Posted by: thmonk | February 02, 2005 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference M001 Luglio, agosto, settembre (nero) [補足あり]:

« AREA, variazioni per pianoforte | Main | Area "Ⅱ" live in Japan »