« Giro, Giro Tondo | Main | Area復活!! »

April 04, 2010

Lenny Tristano

ストレンジディズの紙ジャケ再発でやっと手に入れたPatrizio Fariselliの1974年のFariselli_4solo album、antropofagia
当時のCrampsの前衛的な雰囲気を反映して演奏もPrepared Pianoを使ったabstractなものが多いのだが、その中でPiano本来の響きを生かした演奏がこのLenny Tristano。 盲目の天才ピアニストと言われ、1950年代にpianoの多重録音による演奏を残した演奏家をtitleにした曲である。曲自体はTriatanoを思わせる中低音を使った速い8部音符のパッセージを強調したimprovisationである。確かに言われてみればFariselliがAreaの曲を独奏したArea, variazioni per pianoforte の中のIl bandito del desertoなどを聞くと、左手のpercussiveなbass lineと右手の中低音を中心とした流れるようなphraseにそこはかとなくTristanoの影響を感じるような気がする。ちょうどyoutubeにIl bandito del desertのVideoと

TristanoのVideoがあるので興味のある方は聴いてみて欲しい。

私自身はTristanoの生真面目すぎる演奏には何となくなじめなくて、いつも聞き込もうと思っても途中で挫折してしまうのだが、今回久々に聞き返してみて、思い込み過ぎかもしれないが、TristanoがBand演奏でみせる8部音符での流れるようなad-libが何となくAreaでのFariselliのARP sunthesizer soloに重なってしまった。

|

« Giro, Giro Tondo | Main | Area復活!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75015/48261181

Listed below are links to weblogs that reference Lenny Tristano:

« Giro, Giro Tondo | Main | Area復活!! »