May 03, 2010

Area復活!!

一応生きているので、ひさびさに投稿を...
なんとAreaの生き残り三人がコンサートでAlbeit Macht Freiを演奏している動画がTofaniからupされている。

これは"白い象"、こちらはSan Lazzaroでのconcertから。
drumsはUmberto Trombettaという人らしい。

で、"黒"。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

Area "Ⅱ" live in Japan

area2_bohemiaAreaのDrumerであるGiulio Capizzoが日本でLiveをやったのをご存知であろうか?その昔、バブル華やかなりし頃に霞町の交差点を少し広尾の方へ入った所にBohemiaというLive spotがあった。今は確か無国籍料理の店か何かになっていると思うが、ここの音楽監督をJazz Trumpetterの三宅純さんがやっており、当時のCapizzoのBand、"AreaⅡ"を呼んでLiveをしたのである。ここには、私は見に行けなかったが、BancoのNocenti兄弟もAKAIの製品の宣伝がてらLiveをやっていった。確か1988年頃だったと思う。私は家人と共に見に行ったのだが、覚えているのは"Arbeit Macht Frei"を持っていって、Capizzoにつたない英語で"Arbeit Macht Freiは私にとってのbest albumだ!"と言ったら、顔をくしゃくしゃにして、親指を立てながら喜んでくれたこと、サインしてもらうためにRecordを持っていったのだが、馬鹿な私は黒マジックを持っていったので、黒が基調のAlbeit Macht Freiにサインしてもらっても見えないので、持っていたreport用紙にサインをしてもらったこと(更にアホな私はこのレポート用紙を"Arbeit Macht Frei"に挟んでおいたのだが、見つからない、何としても探し出さねば...)。店の構造が確か中が吹き抜けの2階建てになっていて、奥の席にすわるとステージが見えにくかったこと。などで、残念ながらOriginal Areaがらみの曲は一曲も演奏しなかった。曲は多分、AreaⅡの2枚のCDからの曲が主体だったのだろう。drums, bass, keyboard, guitar, saxの5人組で、耳障りの良いFusion touchの曲が主体だったのだがリズム隊の切れがめちゃくちゃ良かったのだけは印象に残っている。今年はArti+Mestieriもついに来日するとのこと、Patrizio Fariceliにも是非来日して欲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2005

Area Story - 04 - Arbeit macht frei前夜

areaconcerto(DemetrioのRibelli脱退後と、Crampsの創設者であるGianni Sassiの話を書きたいのですが、まだ資料が集まっていないので、とりあえずその4まで話が飛びます。これはそのうち...)

AreaのDrumとなるGiulio Capizzoは1969年にthe Egyptian Conservatory of the CairoでpercussionistであるAli Mohammedに師事していた。これはAreaの中東的なrhythm arrangeに少なからず影響を与えているのかもしれない。1971年、Demetrio StratosはGiulio Capizzoと出会い、これにLucio Dallaのバックを務めていた、Bassの後にPFMに加入するPatrick Djivas、PianoのLeandro Caetanoの2人が加わり、4 piece bandを結成。イタリア各地のDance Clubをドサ回りする。この頃はJazzに近い音楽を演っていたらしい。このbandにSaxのEdouard Busnelloが加わった。さらにGuiterのJohnny Lambrizziが加わり、Rock的な要素を増す。この後、主にPianoのみを演奏していたLeandro Caetanに代わり、Giulio Capizzoの幼馴染である軍隊帰りのKeyboard奏者Patrizio Fariceliが加わる。彼はArp Odysseyを初めとしたSynthesizerも弾き、軍のブラスバンドでSaxを吹いた経験があり、AreaでもKeyboardと共にbass-clarinetを演奏している。

califfi1972年に彼らはPFM、BancoなどのManagerをしていたFranco Mamoneに目をつけられ、彼のアドバイスでGuitaristをCaliffi, Noi TreでGuitarを弾き、当時Londonに住んでいたElectric Junky、Paolo Tofaniを呼び寄せ、首をすげ替えることにする。ここに1st, Arbeit macht freiを録音する6人が揃う事になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2005

Area Story -01- I Ribelli

ribelli 1959年に結成されたitaliaのbeat group "I Ribelli"は1967年までに8枚のsingleを出していたが、この年、フランス人であるJean Claude Bicharaが"I fuggiaschi"に参加するために脱退、解散の危機に瀕していた。ここでKeyboard, Vocalistとして新加入したのがDemetrio Stratosである。この年Stratosの歌った "Pugni Chiusi"がsmash hitとなり、1968年にかけて "Chi mi aiuterà" (Vanilla FudgeのKeep me hamging on)もHitする。この年、彼らは唯一のLP"I Ribelli"をRicordiより出している。現在、発売されているcompilation CDでは他に、Demetrioの歌うOver the raibow, Tom JonesのDelilah, BeatlesのObladi' obladàやOh, darlingなどが聴ける。この時期から既にDemetrioのあの濃いい歌い方は健在である。このサイト(1度のクリックではエラーになるので、一度エラーの画面を消してもう一度クリックすることでたどり着ける)でこれらの曲をDownload販売すると共に試聴可能であるので興味のある方はどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Band | Demetrio Stratos | Disk | Music | Musician | Patrizio Fariselli | もろもろ